オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB

印刷について

印刷・デザインについて

データ作成の際のルールを教えてください。
詳しくはホームページの「データ入稿について」というページをご覧ください。オリジナル宅配袋のデータ作成時の注意点について詳しく記載がございますのでご確認ください。テンプレートに印刷デザインをした後、入稿用のメールアドレス data@rereca.com までお送りください。
完全データとはなんでしょうか?
「完全データ」とは、修正する必要のない入稿された状態で印刷手配が可能なデータのことです。オリジナル宅配袋の場合は塗り足しやのりしろの調整まで完璧に行われているデータということになります。
IllustratorやPhotoshopがなく、データで原稿を作成できないのですが、どうしたらいいですか?
オリジナルのイラストや画像を印刷した宅配袋を作りたい際は一度ご相談ください。お客様が宅配袋のデザインのラフ画像や、もとになるデータをお持ちの場合、データ原稿に起こせる場合がございます。また、お持ちのPDFデータやイラストレーターのデータがあれば弊社に送っていただけましたら使用可能かどうか確認の上、配置等の作業はさせていただけます。担当に発注前の「事前確認」としてご相談ください。※データ作成には別途費用・納期が発生する場合がございます。
塗り足しや糊代のコピーが良くわかりません。
塗り足しや糊代のコピーは入稿データが来た場合はレレカで修正しております。修正した際にはお客様に修正個所をお伝えし、最終データの確認をお願いしています。画像データなどレレカで訂正できない場合には再入稿をお願いしています。入稿前のお客様、これからデータを作成されるお客様は、宅配袋WEBの「データ入稿について」のページをご確認ください。
psd、pdf、Office(Word / Excel / Power Point)、画像(jpg / png / tiff / gif 等)データは入稿可能ですか?
オリジナルの宅配袋作成時、【psdデータ】対応が可能です。弊社のpsd用テンプレートをご使用いただき、データ作成のルールを守ってデータをご作成ください。 【pdf/Office/画像データ】はデータの確認が必要です。印刷のデータとして使えるかどうかまずは担当に発注前の「事前確認」としてご相談ください。※画像データのデータ作成には別途費用・納期が発生する場合がございます。
4色フルカラーって何ですか?
4色フルカラーとは4色のインクを掛け合わせて印刷デザインを表現することを言います。一般的にCMYKという呼び方をされることもあります。CMYKとはC(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(ブラック・黒)のことです。 紙の宅配袋や宅配ケースと比べ、ビニールの宅配袋の場合は特に版ずれが起こりやすく、印刷に適さないデータもあります。
特色って何ですか?濃淡があると2色になるのでしょうか?
特色とは印刷において掛け合わせで表現できない色味を表現するために調色されたインクのことです。 基本的には濃淡があっても同じ番号の特色を使っている場合は1色の扱いとなります。 (1色の濃淡であっても網点を使わないために費用と仕上がりを相談して2色とらせていただく場合もございます) 詳しくは印刷&入稿テクニカルガイドに記載がございます。 レレカではDICとPANTONEという特色を採用しております。
テンプレートはどこにありますか?
テンプレートをご希望のお客様は担当オペレーターにご希望をお伝えください。規格サイズならすぐに、オリジナルサイズでも半日~1日でテンプレートをご準備しお送りさせていただきます。
印刷範囲がよくわかりません。
紙の宅配袋や宅配ケースの場合はほぼ全面に印刷が可能です。フタやマチにも印刷を入れることができます。宅配ビニール袋の場合は印刷範囲が限られています。テンプレートに印刷範囲の指定がございますので印刷範囲内に収まるようにデザインを作るようにしてください。
印刷できないデザインはありますか?
弊社では以下に該当するもの、又は弊社にて適切でないと判断した内容に関しては制作をお断りさせていただくことがございます。著作権・肖像権・商標権等の問題が起こる可能性のある印刷デザイン(権利元から正式な許可がない場合) ・ アダルト関連、公序良俗に反する内容のもの ・ 法令に違反するもの等はお見積りを提出した後でもデータ確認時にお断りする可能性があります。ご心配なお客様は早めにご相談くださいませ。
入稿データに誤りがあったら修正してもらえますか?
塗り足しや糊代のコピー、印刷範囲外の印刷等微調整が可能なデータは修正させていただきます。修正したデータは必ず修正個所をお伝えし、メールでお送りします。データの内容をご確認いただき、印刷をしてもよいというお返事(校了)をいただいてからの製作となりますのでご安心下さい。画像データなどレレカで訂正できない場合には再入稿をお願いしております。詳しいデータの作成方法に関してはホームページの「データ入稿について」のページをご覧ください。